コストコで使えるクレジットカードは?【おすすめのクレカはこれ】

人気量販店のコストコ(Costco)で使えるクレジットカードをご紹介。コストコで使えるクレジットカードブランドは現在マスターカードのみとなっています。2018年2月1日からアメリカン・エキスプレス(アメックス)のカードは使えなくなりました。
マカロン
ナポレオン
HOME => 一般カードのようにグレードが低くて

一般カードのようにグレードが低くて

一般カードのようにグレードが低くても多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてグレードが高いほど補償される金額が多く心強いですね。

保険の限度額は海外旅行の方が国内よりも高いのが通例ですが、原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

自動付帯と利用付帯の2種類の保険適用がありますが自動付帯は所有していれば適用されるもので、利用付帯は旅行代金などの支払に利用した場合にだけ適用される保険です。

手持ちの現金が乏しいときでも買い物できる1枚、その支払い方法の中には一括で支払う方法・分割で支払う方法・ボーナスで支払う方法・などがあります。

リボ払いは分割払いとは違い月々決められた金額をその会社に支払う方法です。

月の支払額を一定にできるので金銭の管理がしやすくできるのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので毎回選択する事はオススメではありません。

あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。

お金いらずで飲食店や買い物ができるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

使った金額に応じてポイントがついたり割引などのサービスを受けられることもあります。

店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、使用できるのは名義人に限られています。

支払で使った金額の清算の方法は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

支払回数は購入時に指定することもできますが、電話やインターネットで連絡すればOKです。

ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので普通の会員より充実したサービスを受けることができます。

申し込みには勤務先の規模や経営状況など厳しい審査がありましたが最近では、よりグレードが高いカードが発行されるようになり基準が緩和されてきたようです。

対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。

年会費無料なものもありますが、こちらは一般会員の中から企業が規定した条件を満たした利用者を勧誘するシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。

更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて我々の日常生活に浸透してきているsuicaやpasmoなどもそれにあたります。

オートチャージ機能があれば自動で入金してくれてショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

レジでお金を数える必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。

ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違って事前に支払が完了しているこのシステムでは心配要りません。

又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

レストランや映画館などでコストコで使えるクレジットカードを使うと手早く精算をすませることができるので、非常にスムーズです。

運営会社の収入源は、手数料によるところが大きいですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

支払う金額の割合は加盟店の営業内容によって差があり風俗店などの業種が一番高く7%から10%に設定されています。

3回以上の分割払いを指定すると客側も支払うことになりますので金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。

3回未満の支払に対して利用者が負担する料金が発生しないのは「買い逃がし」を防ぐための運営会社から加盟店への配慮なのでお店が加算してきた場合は規約違反なので支払う必要はありません。

クレジットカードはランチやディナーの時にお金を使って支払う必要がなくなります。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で契約者や提携ブランド、運営会社を特定する仕組みです。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが意外なことに支払回数が2回までは金利手数料がかからないのです。

利用者からの売り上げが得られない場合は立て替えるメリットはあるのでしょうか。

ショップやレストランからも数パーセントの手数料を集めているので運営会社が損になることはありません。

持っていると便利なクレジットカードの審査は色々なローン審査と比べると容易いケースが多くだいたいのコストコで使えるクレジットカード会社がインターネットから24時間365日申し込みが出来ます。

過去にローンに関する問題が無ければ簡単な申し込み方法で短い審査時間で終わる場合が多く審査通過後、通常1週間程度でカードが本人宛に届きます。

不正利用されたクレジットカードの損害を保障する制度があり第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して急いで発行元に連絡を入れなければなりません。

60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけでサインや指紋認証もありませんから簡単に悪用されてしまいますので要注意です。

事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことや日頃から見知らぬ販売受付メールが届いていないかチェックすることが大切です。

手持ちの現金が少ないときに財布に現金が無くても買い物できる1枚があれば心強いです。

例えば、物を購入した際の支払時に持ち合わせの現金が少ないこともあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を戻すことなく購入することが出来ます。

並びに、これは支払だけでなく世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので万が一現金が必要な場合はこちらを使って提携している銀行・コンビニATMから引き出しが可能です。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 コストコで使えるクレジットカードは?【おすすめのクレカはこれ】 All Rights Reserved.